山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

フォロー中のブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大型連休中の開館予定

いよいよ、大型連休(ちまたではゴールデンウィークとも言います)です。
山中湖情報創造館は、いつもどおり開館しております。

4月29日(金) 09:30~21:00 みどりの日
4月30日(土) 09:30~21:00
5月 1日(日) 09:30~19:00 < 日曜日は19:00まで)
5月 2日(月) 09:30~21:00
5月 3日(火) 09:30~21:00 憲法記念日
5月 4日(水) 09:30~21:00 国民の休日
5月 5日(木) 09:30~21:00 こどもの日
5月 6日(金) 09:30~21:00
5月 7日(土) 09:30~21:00
5月 8日(日) 09:30~19:00 < 日曜日は19:00まで)
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-29 13:00 | 図書館から

放送ライブラリー

すでに、こうした取り組みも行われているんですね。

財団法人 放送番組センター
放送ライブラリー

さっそく、情報サービスのユーザー登録をいたしました。
※それにしても…そこまで出かけていかなければ、いけないんですね※
公共図書館との連携...は、どうなんでしょうか?
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-24 11:26 | 電網快々

新着図書 2005.04.23

a0029259_1358581.jpg新年度、最初の新着図書。絵本がたくさん入りました。

山中湖情報創造館 新着図書


[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-24 11:04 | 図書館から

やはり...気になる、放送番組の資料化

おそらく全国どこの図書館でも、新聞のニュースクリッピング(切り抜き/スクラップブック)は、やっていると思うし、雑誌もOPACに登録するなど、新聞や雑誌の[図書館資料化]は行っていると思うのですが、なぜかラジオやテレビ、CATVなどの放送番組の資料化が行われていません。そこ反面インターネット(ホームページなど)は、ひとつの情報資源として、網羅的に収集しよう...なんていう動きがある。
 Webページの網羅的収集には力を入れているのに、放送媒体の番組の網羅的収集は...そもそも視野にすら入っていない...。
 ドラマはDVD化されて、図書館に入ってくるものもありますが、重要なのはニュースや報道番組などで取り上げられた内容だったり、情報番組で取り上げられたその地域の情報だったり...そうしたものも、図書館資料として収集する必要があるんじゃないでしょうか(できれば網羅的に)ね。
どうなんでしょう。

NHKアーカイブス
放送博物館

国立国会図書館
インターネット情報の収集・利用に関するご意見の募集 締め切り4月27日(水)
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-23 09:31 | 私見

地域情報拠点の専門職って...。

ここ数日、図書館が地域情報拠点になることは、利用者側からみて望ましいのだけれど、そこのスタッフのスキルを考えてみると...ちょっと無理があるかなぁ、と思ってしまいます。

というのも...司書の専門性に、さらにあれもできる/これもできる...を付け加えることは、ひょっとしたら違うんじゃないかなぁ...と思い始めているわけで、これが行き着く先には、学芸員が雑芸員と呼ばれている現状を、図書館にも及ぼしてしまうのではないか...と、危惧してしまうのです。
情報収集/整理/保存/提供は、もちろん司書の専門性の中で、その対象を書籍から拡張すれば可能な範囲なのですが、情報発信...特に、市民メディア活動をサポートするようなことまで司書に負わせてしまうことには、ちょっと異議を唱えたくなっているのです。
むしろ、そういう専門家(プロ)を育成することを考える方がよいのではないでしょうか。
つまり、図書館が地域情報拠点であること+情報発信(取材・編集・構成・配信)を行う為には、ひとりの司書のスキルとしてではなく、司書とは別の専門性を作ってはどうだろうか。もちろん、本人の努力で、双方の資格を有するのは結構なのだが、司書は司書、メディアサポータはメディアサポータとしての職能を考えるとよいのではないかなぁ...と思っているのです。

さらに、地域の情報発信を図書館が抱え込むのではなく、地域の人たちと一緒になって行う..そう、例えば「大人の部活動」みたいな感じ。
ということで、山中湖情報創造館を活動拠点としながらも、情報創造倶楽部みたいなものを立ち上げてみたいと...ふと、そう思っているのです。
名前ならたくさん考えられますが:山中湖ラジオ倶楽部とか、山中湖新聞舎とか、山中湖マガジン編集部とか、こちら山中湖情報本部とか....図書館の職員がやるだけじゃなくて、もっと地域を巻き込んでみたいです。
…なんちゃって…
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-19 18:24 | 図書館から

図書館がメディア・ビオトープになるために...

「メディア・ビオトープ」水越伸著を、やっと読了!!
水越流に大いに感化された...感じがします。
さて、これを読んだ後には、「図解 メディア・ビオトープの作り方」が欲しくなるのかな? 「市民メディアやろうぜ!!」でもいいし、「60歳から始める市民メディア」でもいい2007年問題ってのもあることだし...。

足元を見て、山中湖情報創造館がメディア・ビオトープになるためには...何が必要なんだろうか? どんな取り組みができるのだろうか? そもそも図書館がメディア・ビオトープになることが必要なんだろうか?...などを考えてみる必要がありそうだ。

図書館が無料貸本屋(と、言われる現状があります)から、地域の情報拠点になるためには、このメディア・ビオトープ的な取り組みが必要だろうなぁ、と考えています。ど〜考えても今の図書館は本屋さんと変わりがない。無料という点と、古い本を保存しておく..という点を除けば、むしろお金を払う本屋/書店さんの方が、客数は多いくらいなのだ。
地域の公共図書館で収集すべき図書館資料は、書店で入手可能なものである必要は...もちろん無い。むしろ書店でもレンタルビデオ店でも入手できないものが、そこに行けば必ずある..という情報拠点であることが求められるのではないだろうか?
 情報は、ただ集めるだけでは、集まらない(持ち込んでくれない)。情報を発信することで、地域のいろんなところから情報が集まってくる。もちろん集まってきた情報は、編集/構成して、使いやすいものにしなければ価値は出ない。
 となれば、図書館から地域の情報拠点になるためには、情報メディア館(どっかの家電量販店みたいだが...)になることが、求められるのかなぁ...と、思うのでありました。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-17 21:14 | 図書館から

第7回 図書館総合展出展説明会

昨日は、第7回 図書館総合展出展説明会のため、「日本図書館協会」さんまで、行って来ました。行ってみないとわからないことも多いもので、日図協さんのまわり(ほんとうに取り囲むように)には、大中小の印刷会社さんがたくさんありまして、印刷の街なんだなぁ...って思いました。
さて、今年の図書館総合展は、
・2005年11/30(水)〜12/2(金) 10:00〜18:00
・パシフィコ横浜
です。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-15 12:30 | 図書館ビジネス

図書館資料としての“図”

昨日は、お休み日ということもあって、八ヶ岳方面に出かけてきました。お世話になったあの図書館、この図書館と、つい図書館めぐりをしてしまいました。
そんな中で、いつも[頼りにしている方]が勤めてらっしゃる図書館で、「地図」の話になりまして、大いに参考になりました。

その図書館では、今回は山岳地図や伊能図の書籍などを入れていましたが、地域の地図や公共施設の設計図面なども、図書館にあるといいよね〜、なんて話をしてきました。
どうでしょうか。
せめてその担当エリア(都道府県/区市町村)における公共施設の設計図面くらいは、その図書館で収集/保存/閲覧...できるようにする...というのも、(文書館がなければ)図書館の役割ではないかな...と思ってしまいました。
...そう見回すと、図書館における“図”の取り扱いについて、“書”ほど力が入ってない...かもしれません。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-13 11:10 | 図書館から

MacOS X 10.4 Tiger @ 2005.4.29

いよいよ、MacOS X 10.4 Tiger が、4月29日(金)みどりの日に発売されることになりました。
山中湖情報創造館で購入することは...予算的に難しいですが、個人的にはドド〜ンとGETしたいと思っています。
そこで使ってみたいいろんな機能のうち、Spotlight(すべてのファイルにメタデータをつけ、検索が容易になる機能)とか、四カ所会議ができるiChatAV(※ただし相手も10.4でなければ..)も使ってみたいです。

Spotlightは、デジタルアーカイブの新しい活路ができると思っています。(なんせ、オーサリングしなくていいんだから...)。スマートフォルダ(フォルダそのものに検索機能がついている)も、いいですよね。フォルダを開けば検索結果としてのファイル一覧が出てくるんですから。

iChatAVは、デジ研本部(石和)と山中湖情報創造館と八ヶ岳SOHOほか、とのオンラインミーティング...ですね。ちなみに....代表はSwitchしました。

ということで、楽しい大型連休になりそう....です。

※こういう技術を前提に、ライブラリアンを考えると、[メタデータのタグ付け]っていうスキルが要求されますね。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-13 09:54 | 私のオススメ

「メディア・ビオトープ」水越伸著(紀伊國屋書店)

メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする
水越 伸 / 紀伊国屋書店
スコア選択: ★★★★

読書日記さんは、読了したようですが、私はこれから読み始めます(他人におススメ...というよりも自分自身におススメです)。
水越さんの持論が、やっと書籍というカタチになった...そんな感じですが、全国に共感した人たち、それぞれが、それぞれの場所で、それぞれの手法で、メディア・ビオトープを始めているように、感じています。
山中湖情報創造館も、図書館でありながら、地域情報拠点として、市民メディア活動拠点として...これもひとつのメディア・ビオトープのカタチかもしれない...と思いつつ、チャレンジしてみたいと考えています。

※水越さんの直筆のスケッチ...建築系のエスキースやデザイン系のラフスケッチなどは見かけるのですが...そう、手書き/手描きのチカラってありますよね。最近、デジタル思考のアナログ表現を、これも悪くないなぁ...と思っていたりします。


[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-09 23:33 | 私のオススメ