山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

フォロー中のブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:報道( 28 )

図書館から本が姿を消す--米大学が進めるデジタル化の現状

Googleによる図書館資料のデジタル化や、本を置かない大学のデジタル図書館など、記事の内容もさることながら、米国の図書館は、どうしてこう[自ら流れをつくる]ことができるのだろうか?

図書館から本が姿を消す--米大学が進めるデジタル化の現状 CNET Japan.
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-08-09 02:48 | 報道

電子図書貸し出します-生駒市・5月にも公立図書館で

Liblog Japan さんにあった紹介記事
電子図書貸し出します-生駒市・5月にも公立図書館で(奈良新聞)
奈良新聞の記事はこちら

リブリエの電子ブックであるTimeBookは、60日(2ヶ月)で、210円とか..の料金体系だったはず。図書館の蔵書には向かないのでは...と考え見送っていました。どういうオペレーションになるのか、と〜っても興味があります。
ひょっとしたら、TimeBookには、公貸権つき、期間無制限用価格体系があるのでは?
ひとまず。

いよいよ、Lib+Live 2005です..って、もう今日だ!!
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-03-05 03:06 | 報道

朝日新聞2月2日掲載「どうなる公立図書館」をめぐって

東京の図書館をもっとよくする会さんのブログにある、

朝日新聞2月2日掲載「どうなる公立図書館」をめぐって思うこと
 -市民が本当の図書館をつくるために-


を拝読いたしました。確かに、限られた紙面では、『民営化の宣伝』と見ることもできなくは、ありませんが、メディアリテラシーといいましょうか、紙面の外、フレームの外になにがあるのかを、ぜひ知っていただきたいですね(コメントしたのですが、二重に投稿してしまって...悪気は無いのです、あしからず)。

そこで、小林館長の 「人々にとって図書館が本当に必要なら、住民らが自分たちでつくるくらいの気概が必要」という意見の背景には、具体的な実績として、『高知こどもの図書館』の活動があるように思います。また、誰もが会員となり運営に参加できるNPO法人が、指定管理者制度で公共図書館の運営にあたる場合、むしろその地域の誰もが、図書館づくりに関わることができるのです。図書館評議会という制度もございますが、地域の人たちには、メンバーが誰かを知らない地域も多かったりします。

私たちが考えなければならないのは、『地域の皆さん(利用者に限定しない)から、「こんな図書館ならいらない!!」と言われてしまうこと』ではないでしょうか。そして『地域の皆さんから、「私たちはこんな図書館が欲しい!!」と思う気持ち』を持ってもらうことであり、行政はそうした市民活動を支援することであったり、そうした意見を現在の図書館づくりに反映させたりすることではないでしょうか。これは『図書館の自由』に関する政治介入ではありません。利用者の声も大事ですが、それ以上に図書館を利用していない地域の人たちにとっても、「必要だなぁ」と思われる図書館づくりが必要だと考えているのです。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-02-21 07:32 | 報道

【報道】サービス向上?それとも低下? 公立図書館の民営化進む パート2

記事の中に、営利目的に走る...ことを心配されている向きがありますが、ちょっと考えてみてください。先日、米国の図書館が財政難を理由に閉鎖されたニュースがありましたが、図書館が行政の予算だけで運営されることに、疑問を持った事はありませんか? 
例えば、博物館や美術館は、入館料を取ったり、ミュージアムショップがあったり、喫茶店やレストランがあったりと、それらのミュージアムを維持管理するための費用を捻出しているですよね。民間のミュージアムは、それこそ必至で頑張っていますし、公的なミュージアムも、いろいろな工夫をしはじめています。それに比べて図書館は、[運営資金獲得]に関することは、何一つできていません。行政からの予算がカットされたら、「はい、おしまい」です。それでいいんでしょうか?
このご時世です、図書館が営利目的に走れたら、しかも経費を差し引いて利益がでたら、僕は拍手喝采します。その売上で行政の予算を縮小し、図書館を維持し、地元の利用者のみなさんにサービスを提供できるなら、営利活動を大いにすべきだと考えています。
図書館を「本の森」と言う人がいますが、とても素敵な例えだと思います。
例えば僕たちは森に入るのに入場料は払いません。散歩も森林浴をするのも、バードウォッチングするのも、自然はお金を取りません。図書館も入館料も取らないし、取るべきではありません。また図書館資料の提供も無料です。その大原則を動かそうとは思っていません。しかし、環境教育プログラムへの参加費や、ガイドツアーの参加費、インタープリターによる自然解説には、お金を払いますよね。
本の森を、もっと理解し、もっと楽しみ、もっと役に立てるための様々な図書館プログラムを考えることだってできるはずです。有料もあり、もちろん無料の図書館プログラムもありです。ライブラリーショップを開店させることもありでしょうし、喫茶店やレストランもグルメツアーに入るくらいのクォリティを求めてもいいかもしれません。
 ランガナタンは、「図書館は成長する有機体」であると言っていますが、それは図書館を取り巻く環境が良い場合です。環境がよければ有機体は成長するんです。しかし、図書館を取り巻く環境が厳しくなるこの時に、生物ならば厳しい環境では成長せずに、むしろ厳しい環境に適応するために『進化』します。同様に、図書館は今、生き延びるために『進化』しなければ絶滅する可能性だって、全くないとは言えません。図書館ビジネスも、そんな『進化』のひとつの姿のように思えるのですが....

いかがでしょうか。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-01-28 01:08 | 報道

【報道】サービス向上?それとも低下? 公立図書館の民営化進む

産経新聞に、『山中湖情報創造館』登場!!

サービス向上?それとも低下? 公立図書館の民営化進む

指定管理者制度の導入で、一番気になるところは...いかに[地域の施設]として定着するか/させるか、ということだと思うのです。サービスの低下だの、選書の偏り、個人情報の漏洩(?)などがあげられていますが、もし指定管理者で問題が発生すれば、別の(もっと質の高いサービスを提供してくれる)指定管理者を選定するだけです。ただ問題なのは、指定管理者が、そうそう、その地域に複数存在するとは限りません。どこかの大手企業が参入してくるでしょうね。サービスなどの質の比較というよりも、いかに[その地域の施設]となることができるか。が問題になると感じています。例えば協定書の中にスタッフの地元採用者数の比率を明記するとか、それも意思決定できる管理職の割り合いと、スタッフにおける割合とか...。ただ、営利企業では難しいかもしれません。
 それに比べ、NPOの利点をあげるとすれば、NPO法人には、どなたでも正会員になることができます。入会を断る場合には、それなりの手続きが必要です。つまり、そのNPOの運営そのものに、地域の人が参加することができるのです。
 民間企業では、会社の経営に参画するには役員になるか株主になるかですが、上場企業でなければ株主になることはとても難しいですし、上場企業であっても相当なお金がなければ株主にはなれません。しかし、NPO法人では誰でも正会員となることで、運営・経営に参加できるのです。従業員としてではなく、NPO法人の運営を決定する総会時における議決権(1票)を持つことができます。

 丸山(飽くまでも丸山個人として)の意見ですが、指定管理者制度を導入するにあたり、いかに地元住民の方が、運営・経営に参画でき、いかに[その地域の施設=地域住民みんなの場所]にできるかが、ポイントではないかなぁ、と考えているんですね。

ということで....指定管理者による図書館経営も話題となるイベント
「未来を拓く図書館のための1泊2日 Lib+Live 2005 山中湖フォーラム」を開催いたします。志(こころざし)ある方、3月5日(土)・6日(日)の1泊2日は、山中湖に集合してください。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-01-28 00:23 | 報道

北九州市立図書館に関する情報源

北九州市立図書館における指定管理者制度導入に関する情報源です。

北九州市の図書館
図書館サポート北九州 | 図書館の民営化に関する報道
図書館民営化――人件費削減の利点?選書に偏り?Yahoo! JAPAN News (YOMIURI ON-LINE)
北九州市-指定管理者制度
平成16年度第2回北九州市立図書館協議会 会議録
[PR]
by lib-yamanakako | 2004-12-13 12:13 | 報道

Yahoo! JAPAN News 地域トピックス

Yahoo! JAPAN News 地域トピックス/地方経済- 12月11日(土)17時28分 更新 - からお越しのみなさま、アクセスありがとうございます。

「日本初、指定管理者制度による公共図書館 山中湖情報創造館」です。

山梨県・山中湖村の村立図書館を、指定管理者制度によりNPO法人地域資料デジタル化研究会が指定を受け、運営を受託しております。
[PR]
by lib-yamanakako | 2004-12-11 22:15 | 報道

図書館民営化——人件費削減の利点?選書に偏り?

このような記事が出ております。

図書館民営化——人件費削減の利点?選書に偏り? YOMIURI ON-LINE

 民営化すると、ベストセラーに偏る....司書の専門性がつきにくい...という疑問は、山中湖情報創造館にご来館いただければ、すぐに払拭できる....と思います(きっぱり!!)。

 事務局長様、よろしければ、山中湖情報創造館をご案内いたしますので、ぜひご来館いただきますよう、お願い申し上げます。
 お待ち申しております。

※12月14日(火)山梨県立文学館でのご講演、拝聴させていただきます※
[PR]
by lib-yamanakako | 2004-12-11 17:59 | 報道