山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

フォロー中のブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:私のオススメ( 50 )

私のオススメ by 丸山高弘

表現者の自由―映像の力と責任をめぐる対話
日本放送労働組合 日放労= / 現代人文社
スコア選択: ★★★★

メディア・リテラシーに取り組む前に、テレビを含む映像表現に取り組んでいる人の生の声が伝わってきます。映像の持つ力、映像を視る力。メディア・リテラシーという言い方だけでは語り尽くせないものがあるようにも....思えてきました。
 それにしても、まずは手元にあるビデオカメラで撮影し始める...最初の一歩...をどう切り出せるかですね。図書館でビデオ教室。なんてこともあり得そうです。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-01-13 12:54 | 私のオススメ

『甲州弁いろはカルタ』ができました。

こいつは、おもしろい!!
甲州弁いろはカルタ

清里・萌木の村株式会社から「甲州弁いろはカルタ」が発売されました。
監  修:小林是綱
語  り:藤巻愛子
価  格:1,950円(税込)
お問合せ:0551-48-3535
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-01-12 16:33 | 私のオススメ

おススメサイト[Jcross 図書館と本の情報サイト]

スタッフがみつけてきたサイトです。なかなか、便利。

Jcross 図書館と本の情報サイト
 >図書館の本の横断検索
 >古本屋さんの横断検索
 >オンライン新刊書
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-01-12 12:05 | 私のオススメ

私のオススメ by 丸山高弘

なぜ、正しく伝わらないのか―戦争にみる情報学研究
ジョン ヒューズ=ウイルソン John Hughes‐Wilson 柿本 学佳 / ビジネス社
スコア選択: ★★★★

「情報学」、「情報リテラシー」が、なんだかパソコンの操作方法に終始していることが、ず〜っと疑問でした。情報の本質、なぜ情報が重要なのかなどの[情報に対する超・基本事項]が、教育の中でなおざりになっているように感じています。
本書では、戦争やテロにおける情報の重要性もさることながら、数々の失敗事例を検証しながら、情報の根本的な問題に取り組んでいます。
 まぁ、ただこれが戦争やテロをテーマにしているので、学校教育には使われないでしょうが、情報教育を担当されているすべての方々に、ご一読いただきたいと思っています。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-01-08 09:35 | 私のオススメ

【私のオススメ】aozora blog

青空文庫のブログ
aozora blog

※図書館系ブログは、けっこう開設されていますが、博物館・美術館系ブログをどなたかご存知ありませんか?
[PR]
by lib-yamanakako | 2004-12-31 12:59 | 私のオススメ

【私のオススメ】共有のデザインを考える


まだ読み始めたところですが、とても面白い本です。こんなイベントを開催した せんだいメディアテーク さんも凄いし、仕掛けた 渡辺保史 さんもすごい、ゲストもすごければ、参加者もすごそう...。
 登録にあたり、国立国会図書館のNDL-OPACで検索すると...「共有のデザインを考える」は、NDCが[526.3(公共建築)]となっているんですが、どうしても納得できん!!ということで、山中湖情報創造館では、[015(図書館活動)]とさせていただきました。
共有のデザインを考える
 山中湖でも、こういう本をたくさん出版できるよう、イベントを仕掛けていきたいと思っています。

[PR]
by lib-yamanakako | 2004-12-20 13:53 | 私のオススメ

コンヴィヴィアリティの道具箱

コンヴィヴィアリティのための道具
イヴァン イリイチ 渡辺 京二 渡辺 梨佐 / 日本エディタースクール出版部
スコア選択: ★★★

英語では、「宴会」という意味合いが強いかもしれないが、著者であるイヴァン・イリイチ氏はメキシコ人思想家。スペイン語の意味合いで訳せば 「自立共生的」というらしい。
今でこそあたりまえ(?)になりつつありますが、資本家vs労働者、一部の特権階級vs下々、ホストコンピュータvsダム端末...みたいな対立構造から、水平分散、自立共生、インターネット的(?)への移行を示した考え方なのだそうだ。

【関連サイト】
convivialityとは?(まかしょのコンセプト)
コンヴィヴィアリティの道具箱 −書評−(SYUGO.COM)
---------
 今、「就職先はNPO」を実践している中で、従来の[株主−経営者−労働者:協調対立してます]という図式から、[会員ー理事会−職員(会員):循環してます]という構造に変化しはじめている...営利企業ですら[自社株を持つ従業員]という構造もありますよね。
 本来、民主主義社会だって...[納税者=(国家)株主]みたいに位置づけてもいいんじゃないかな。※株主は持ち株数で意志の反映になりますが、NPOはどんなに寄付金や会費を払っても、総会時においては、[一人=1票]です。※
[PR]
by lib-yamanakako | 2004-12-03 10:01 | 私のオススメ

私のおススメ by 坂本和恵

星の物語
吉元 由美 藤井 旭 / ベストセラーズ
スコア選択: ★★★

星がキレイに見える季節になりました。
[PR]
by lib-yamanakako | 2004-11-17 11:52 | 私のオススメ

私のおススメ by 石川幸紀

分校の子供たち
大西 暢夫 / カタログハウス
スコア選択: ★★★★

分校に通う子供たちは、不思議なパワーを持っています。

[PR]
by lib-yamanakako | 2004-11-14 10:44 | 私のオススメ

つながり図書 by 石川幸紀

自分の身を守るのは自分です。

ストーカー犯罪―被害者が語る実態と対策
秋岡 史 / 青木書店
スコア選択: ★★★


実践護身術入門―こんなピンチにこんな技
塩田 泰久 / 竹内書店新社
スコア選択: ★★★

※WebOPACが調整中なので、リンクは切れております。
[PR]
by lib-yamanakako | 2004-11-14 10:37 | 私のオススメ