山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

フォロー中のブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:私のオススメ( 50 )

隔月刊『デザインの現場』 2006.2

本当は、こっちを書こうとして、前の投稿を書いてしまった...。

デザインの現場』という雑誌そのものもおススメなのですが、最新号 2006.2号の特集はさらにおススメ。注)Webサイトでは、まだ前号です。

[特集]デザインを読む! ブックガイド300
・本でたどるデザインヒストリー 世界編/日本編
・はじめに揃えたい必読の書 理論/思想/プロダクト/タイポグラフィ/印刷/素材・加工/色彩
・デザイナーを読み解く必読書 BEST30
・デザインの幅を広げる「この6冊」
・デザイン誌で世界一周!
・絶版本が読みたい。
・便利本ガイド 年鑑/知財本/事典
・書名索引
(以上、抜粋)

これはおススメ。この号そのものは、ひとつのレファレンスブックにもなるくらいです。

そこまできて、ふと考えてしまった...
[PR]
by lib-yamanakako | 2006-01-30 15:34 | 私のオススメ

【おススメ】気をつけよう!ネット中毒〈第1巻〉出会い系サイト

気をつけよう!ネット中毒〈第1巻〉出会い系サイト
渋井 哲也 / 汐文社
スコア選択: ★★★

判りにくいネットの世界を、わかりやすく解説している。
これはおススメ...なんだけど、
図書館では[児童書コーナー]の児童書なのだ。

『気をつけよう!ネット中毒〈第2巻〉ネット事件・有害サイト 』も、発注済み。
[PR]
by lib-yamanakako | 2006-01-21 16:50 | 私のオススメ

「わが心のシャンソン」

「わが心のシャンソン」 大野修平 著 / 平凡社

この夏、聞くならどんな曲が良いでしょう?

今、山中湖情報創造館では、
月に2回、シャンソン教室が催されています。
先生である、ドミニク・シャノン&ジェシー両氏は 以前、NHK「フランス語講座」にレギュラー出演なさってましたから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

そこで、当館のオススメは シャンソン・フランセーズ!
フランス語独特の心地よい響き、(数字の数え方では物議を醸しているようですが・・)
哲学的な詩、切々と語られる愛・・(照

夕方、山中湖畔をドライブしながら、
あるいは読書をしながらのBGMに、
私はなかなかに 合うと思うのですが。。

「わが心のシャンソン」はシャンソン評論家である大野修平氏の著書。
ご自身の、特に思い入れのある曲を紹介されています。
仏語・日本語の両国語で詩が紹介されており、
歌い手のエピソードも興味深い。
アルバムジャケットの画像や楽曲コードも掲載されて、ガイドブックとしても使えます。

これからシャンソン入門なさる方にも、既にシャンソン・ファンの方も、
シャンソン・フランセーズの世界をそぞろ歩きするように楽しめる一冊です。

(by ひでこ)


[PR]
by lib-yamanakako | 2005-07-18 12:06 | 私のオススメ

【私のおススメ】「あめふりくまのこ」

あめふりくまのこ(雨の日の詩)
こわせ たまみ 矢合 直彦 / あすなろ書房
スコア選択: ★★★★

この本の絵を描いている、お近くにお住まいの矢合直彦氏からご寄贈していただきました。
繊細なタッチの素敵な絵本です。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-06-19 10:37 | 私のオススメ

「私たちの暮らしにとって 情報リテラシー とは何か」

東京の図書館をもっとよくする会さんのブログでも紹介されている

a0029259_111894.jpg「私たちの暮らしにとって
情報リテラシーとは何か」
−オセアニア地区大学図書館における取り組みに即して−
Alan Bundy 他編
高橋隆一郎 訳

を、山中湖情報創造館の資料とさせていただきました。

----
そうなんだよなぁ。「情報なんとか」ってつくと、なぜかパソコンの操作方法に終始してしまうんだけど、本当はコンピュータでもインターネットでもデジタルでもない、あえて言えば電波や電気通信などの技術よりも、ず〜〜〜っと前に必要な、「人間と情報との関わり方」が必要なんだよなぁ、って思いますね。
IT大国日本もよいけれど、パソコンに向かう前の『情報教育(情報リテラシー)』を学習する機会が必要だと思います。学校でできないのであれば、社会教育機関である公共図書館で...やらなければならな...と思うのですが、現状のライブラリアンで、対応できるのだろうかと、心配になる。 そうした再教育の講座が必要なんだろうな。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-05-24 11:02 | 私のオススメ

デジタルアーカイブ白書 2005


デジタルアーカイブ推進協議会より、『デジタルアーカイブ白書 2005』が出版されました。2003, 2004に引き続き..いやさらに充実した内容になっています。
以前には、一時的なブーム...みたいに感じるところも多少ありましたが、着実にデジタルアーカイブが根付いてきているように思いますね。政府や自治体の取り組み、博物館や美術館、図書館や文書館での取り組み、そして様々な活動団体などが、多数紹介されています。
 中でも「デジタルカメラとスキャナー」のページは、具体的な作業に携わるものとして参考になりましたので、次回は撮影用の機材(スタンドや照明など)や画像処理ソフトウエアやアーカイブソフトウェアの紹介や、デジタルアーカイブで使われる各種デジタルデータフォーマットの解説があるといいなぁ、と思いました。
 それと、「メタデータ記述項目関連表−相互関係性」のページが、とっても役に立ちそうです。それぞれのフォーマットと関連する項目が→で関連づけられてました。欲をいえば、それぞれのメタデータの具体的な記述例があると、即実用になりますね。

...ということで、デジタルアーカイブ白書2005は、実用直前までの情報が網羅され、今まで以上にデジタルアーカイブのための情報が集約されていると思います。

【詳細】デジタルアーカイブ白書 2005
【購入】トランスアート オンライン ショップ
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-05-15 15:00 | 私のオススメ

MacOS X 10.4 Tiger @ 2005.4.29

いよいよ、MacOS X 10.4 Tiger が、4月29日(金)みどりの日に発売されることになりました。
山中湖情報創造館で購入することは...予算的に難しいですが、個人的にはドド〜ンとGETしたいと思っています。
そこで使ってみたいいろんな機能のうち、Spotlight(すべてのファイルにメタデータをつけ、検索が容易になる機能)とか、四カ所会議ができるiChatAV(※ただし相手も10.4でなければ..)も使ってみたいです。

Spotlightは、デジタルアーカイブの新しい活路ができると思っています。(なんせ、オーサリングしなくていいんだから...)。スマートフォルダ(フォルダそのものに検索機能がついている)も、いいですよね。フォルダを開けば検索結果としてのファイル一覧が出てくるんですから。

iChatAVは、デジ研本部(石和)と山中湖情報創造館と八ヶ岳SOHOほか、とのオンラインミーティング...ですね。ちなみに....代表はSwitchしました。

ということで、楽しい大型連休になりそう....です。

※こういう技術を前提に、ライブラリアンを考えると、[メタデータのタグ付け]っていうスキルが要求されますね。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-13 09:54 | 私のオススメ

「メディア・ビオトープ」水越伸著(紀伊國屋書店)

メディア・ビオトープ―メディアの生態系をデザインする
水越 伸 / 紀伊国屋書店
スコア選択: ★★★★

読書日記さんは、読了したようですが、私はこれから読み始めます(他人におススメ...というよりも自分自身におススメです)。
水越さんの持論が、やっと書籍というカタチになった...そんな感じですが、全国に共感した人たち、それぞれが、それぞれの場所で、それぞれの手法で、メディア・ビオトープを始めているように、感じています。
山中湖情報創造館も、図書館でありながら、地域情報拠点として、市民メディア活動拠点として...これもひとつのメディア・ビオトープのカタチかもしれない...と思いつつ、チャレンジしてみたいと考えています。

※水越さんの直筆のスケッチ...建築系のエスキースやデザイン系のラフスケッチなどは見かけるのですが...そう、手書き/手描きのチカラってありますよね。最近、デジタル思考のアナログ表現を、これも悪くないなぁ...と思っていたりします。


[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-09 23:33 | 私のオススメ

第5期デジタル・ライブラリアン講習会

デジタル・ライブラリアン研究会(糸賀雅児代表)による、デジタル・ライブラリアン講習会の第5期生募集が始まりました。

昨年受講するために、山中湖から東京まで通った日々が思い出されます。
(夏期特別講座...ってないかなぁ? もちろん会場は...山中湖情報創造館でしょう)
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-04-06 14:50 | 私のオススメ

【オススメサイト】未来図書館(ブログ)

いつも、コメントいただいております、hinaさんがブログを立ち上げました。
おぉ、こっちからもコメントしますぞ!

未来図書館ー未来の図書館、未来のための図書館ー

日本でもブログが社会に何らかの影響をあたえる...ようになりそうです。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-02-17 01:28 | 私のオススメ