山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

お気に入りブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:指定管理者( 6 )

第三期目に入りました。

平成22年4月1日より、正規の手続きを経て指定管理者として第三期目(あしかけ7年目)を迎えることができました。これもひとえに、利用者さま関係各位の皆様のおかげと感謝申し上げます。

これからも、地域を支える情報拠点としての役割を全うし、皆様が充実した山中湖ライフを過ごすための拠点になりたいと取り組んで参ります。

今後ともご利用のほど、よろしくお願いいたします。
[PR]
by lib-yamanakako | 2010-04-13 09:45 | 指定管理者

指定管理者制度の本質

今月18日に、財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)様主催のセミナーに、事例発表として参加します。

指定管理者も第二期に入った一年の中で、この制度の本質をもっと見極め、将来に向けた準備をしていかなければならない...と、強く感じている。そこには直営や業務委託ではない、指定管理者ならではの取り組みがみえてくるからだ。

まず、指定管理者制度の本質は、1)経費削減と2)サービス向上にある。一見相矛盾しているのだが、こう書き換えると矛盾がない。

指定管理者制度の本質は、《公費支出の削減》と《公のサービスの向上》である

と。経費の総額を下げる必要は無い。求められているのは税金による公費支出の削減なのである。福祉や医療と文化政策を天秤にかけることはできないが、同じ財政の中からの支出であることを考えると、税収の減少と福祉医療費の増大の前には、文化政策にかかる支出を減らして行かなければならない実情がある。
そこで、僕は今、指定管理者制度に対して、こう考えている(18日のネタでもある)

・公費支出の削減が目的であるので、前年に比べ[公費]がどれだけ削減できたかを注視しなければならない。

・サービス向上が目的であるので、公のサービスに対する指標が、年々向上していなければならない(お客様である利用者さんの評価が何よりも大切)。

・公費支出を削減した分は、指定管理者による利用料金等により「民間からの補填」をしなければ、サービスの向上のための経費を捻出できない(サービスの向上にはお金がかかる)。

・公のサービス向上のために使われる「民間からの補填」の財源は、公の施設を使った営業収益等を当てる(本社が社会貢献として補填してくれるわけではない)。

・図書館においては、図書館法により入館料や資料提供の対価を得ることはできない。ならば、他の手段を用いて「民間からの補填」の財源を考えなければならない。

今、指定管理者制度を導入した成功事例は、ほぼ上記のことが達成されている。場合によっては指定管理者となった企業や団体が、自社の負担で最新の機材や設備を《補填》することで公費削減分を補填しサービスの向上に取り組んでいる。

この指定管理者制度が、10年後、20年度どのようになっているかはわからないが、明治時代の官営工場の払い下げに近い事が起こるのではないか...と、予想している。来る日のために、今準備しておかなければならないこと。何かそんなことがあるような気がしてならない。

書いてて思ったのだけれど、希望としては、指定管理者制度に対する「民間からの補填」分は非課税としていただきたい(基本的には人件費を含めてサービスの向上に費やされ、利益は出ないと思うけど)。
[PR]
by lib-yamanakako | 2008-01-07 03:40 | 指定管理者

タイトル変更

いよいよ始まりました第二期に向け、皆様からのご要望にお応えして、このブログもタイトルを変更しました。名づけて

指定管理者日誌 - 山中湖情報創造館にて -

a0029259_14088.jpg

職員の体制やNPO法人のビジョンなど、今後3年間という期間を見据えた視野に立って、山中湖村教育委員会と共に、山中湖情報創造館における公共サービスづくりに取り組むことができると考えております。

Director: MARUYAMA Takahiro

[PR]
by lib-yamanakako | 2007-04-02 00:40 | 指定管理者

100

年度末 2007年3月31日まで、あと100日となりました。

 ・山中湖情報創造館

トップページの右上に、年度末までの残り日数をカウントしてます。
今まで十分にできたのだろうか...やり残した事はないだろうか...という想いをもってこれからも仕事をしていきたいですね。

 山中湖情報創造館のビジョンとミッション
 NPO法人地域資料デジタル化研究会のビジョンとミッション

そして

 僕を含めて、スタッフ一人ひとりのビジョンとミッション

を見据えながら、ただ日々が流れていくだけの仕事ではなく、スタート時からもあるように「自己実現の場」でもあることを、しっかりと掴んでいきたいですね。
[PR]
by lib-yamanakako | 2006-12-21 12:07 | 指定管理者

論文を書きなさい

私たちの館長は、なにかというと、「専門職というなら、論文の一本でも書きなさい」という。あまり上意下達的な指示は出さない館長であるが、これだけはかなり耳にする。

 これは、一種のテストなのだ...と、僕は思っている。

考えながら仕事をしなさい...というのが、ここの指定管理者としての運営方針として3年間ですが、その「考えながら仕事をした結果」としての「論文」であり、その目的としては、実績と評価なのである。しかもそれが、指定管理者がスタッフの実績を評価するだけでなく、論文として発表することで、その個人が自分自身の実績を世に問いかけその評価を受けることに責任を持つ事になる。
今は、出版物だけでなく、ウェブやブログだってある。
そいいうところで、どんどん発表することができる時代だからこそ、「考えながら仕事をした結果を世間に晒して批評を得る」ことが、ここのスタッフには...求められているのである。
[PR]
by lib-yamanakako | 2006-10-08 11:25 | 指定管理者

指定管理者とボランティア

直営の公立図書館であれば、ボランティアを募集し、図書館の業務をしてもらうこともあろうが...残念ながら、設置自治体からお金をいただいている身である指定管理者としては、そういう人の使い方はできない(できると思っていたら大きな勘違い。指定管理者は公務員さんと同じようなものの考え方をしてはいけない...と、思う)。

だが、不思議なことに図書館の仕事の中には、[ボランティア活動の促進]ともある。指定管理者とボランティア/ボランティア活動を、どう捉えたらよいのか、まだ正解はでていないが、僕はこんな風に考える。

そもそも、ボランティア活動とは自発的であり、社会的な意義もあろうし、それが好きだから始めるということが多いのではないだろうか。だとしたらそれは、「同好会」や「サークル活動」として捉えてもよいかもしれない。指定管理者は公の施設(場所と設備など)を提供して、地域に同好会やサークル活動を促進させる役割を担う...と。最初の呼びかけは指定管理者が行なう場合もあるだろうが、いずれは同好会なりサークルなりが自立してくれば、かえってそれは協定期間毎に変わる可能性のある指定管理者団体よりも、持続性/継続性のある活動団体に繋がる..とも、考えられる。
ボランティア...というと、どうしても勘違いされやすいので、次からは「同好会活動、サークル活動、倶楽部活動の促進」とでもしていただけると、現場でも対応しやすいのだが...いかがだろうか。
[PR]
by lib-yamanakako | 2006-10-06 11:34 | 指定管理者