山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

フォロー中のブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:Lib+Live( 16 )

ご宿泊は、「清渓」です。


未来を拓く図書館のための1泊2日のご宿泊は、山中湖情報創造館のすぐお隣にあります、日本青年館別館 清渓にお泊まりいただきます。

「清渓」と聞いてピンと来た方は、日本史と文学にお詳しい方だと思います。
まずは、この「清渓」とは、「男子の本懐」城山三郎著に、浜口雄幸と共に金解禁の立役者として登場する井上準之助の号。日銀総裁や大蔵大臣を歴任する一方で、日本青年館理事長や東洋文庫理事長でもありました。その井上準之助が血盟団員により暗殺された後、ご遺族の寄付により、この山中湖の地に青年少年育成の拠点として建設されました。

また、この清渓。かつては清渓寮とも呼ばれていまして、「次郎物語」下村湖人著にも登場します。さらに...この下村湖人というペンネームは、ウォルター・スコットの「湖上の美人」からとったものだとか...ひょっとしたら、湖人の湖は...山中湖の湖かも知れません(根拠はありませんが...)。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-02-18 20:42 | Lib+Live

Lib+Live 2005 4つの分科会

a0029259_17513120.gif
Lib+Live 2005では、4つの分科会を設定し、それぞれのテーマでのディスカッションを行います。


《マネジメント分科会》
座長:小林是綱
(NPO法人地域資料デジタル化研究会 理事長)
(山中湖情報創造館 館長)

概要:行政による直営方式だけでなく、指定管理者制度の導入、PFI、業務委託などによる図書館運営が始まりました。従来の図書館経営論を越えて、未来を拓く図書館のマネジメントに関する問題点を洗い出し、共に考える分科会です。
こんな方におすすめ:現役図書館館長、職員。行政担当者。指定管理者制度の導入を検討している自治体、指定管理者になりたい民間団体などなど、未来を拓く図書館の経営・運営に関わっていきたいと考えている人。


《サービス&プログラム分科会》
座長:土本潤(日進市新図書館)
概要:従来の図書館サービスに加え、図書館でできる様々なプログラムを考察。未来を拓く図書館に必要な、利用者サービス、各種プログラムを考える分科会です。
こんな方におすすめ:利用者のための各種講座、メディア・リテラシー、デジタル・アーカイブづくり、オープン・マイク・ナイトなどなど、図書館をもっと楽しくするサービスやプログラムを考え実践したい人。


《地域情報拠点分科会》
座長:桂まに子 (東京大学院 図書館情報学研究室)
概要:行政による直営方式だけでなく、指定管理者制度の導入、PFI、業務委託などによる図書館運営が始まりました。従来の図書館経営論を越えて、未来を拓く図書館のマネジメントに関する問題点を洗い出し、共に考える分科会です。
こんな方におすすめ:図書館が地域の情報拠点になるためには、どうしたらよいのだろうか。郷土資料、地域資料などの歴史や文化資料の収集・保存・提供から、利用者である住民が情報を得たり発信したりできるメディアセンターとしての図書館。そんなことを共に考えたい人。


《スキルアップ分科会》
座長:丸山高弘
(NPO法人地域資料デジタル化研究会 副理事長)
(山中湖情報創造館 館長補佐)

概要:司書としてのスキルの見直し、上級司書の提言、デジタルライブラリアン、ビジネスライブラリアンなど新たに望まれるスキルに関する問題点を洗い出し、共に考える分科会です。
こんな方におすすめ:上級司書、デジタル・ライブラリアン、ビジネス・ライブラリアン等々。未来を拓く図書館に必要な人材づくりを考え、実践したい人。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-02-18 20:21 | Lib+Live

Lib+Live 2005 基調鼎談

a0029259_17513120.gif
ご参加申込いただいた皆様、ありがとうございます。

来週より「参加の手引き」を発送する予定でおります。しばらくお待ち下さい。
 さて、このブログでも、イベント当日まで何かと話題を提供しようと思っております。まずは、初日に開催される「基調鼎談」です。

 鼎談とは? と思われると思いますが、「三人が向かい合って話をすること。また、その話。」とあります。今回の基調鼎談には、

 糸賀雅児氏(慶応義塾大学教授)
 石川徹也氏(筑波大学大学院教授)
 そして、
 小林是綱氏(山中湖情報創造館 指定管理者 館長)

による、民営化をふまえた図書館の新しいカタチについて、この御三方からのご意見やご提言、解決すべき課題などが話題になると思います。

そこで、このブログをご覧の皆様からの、ご質問がございましたら、ぜひお寄せ下さい。
この場でお応え出来ることもあれば、イベント当日に、先生方に質問をしてみたいと思っております。コメントにご質問などをお寄せ下さい。

イベント情報: Lib+Live 2005
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-02-17 17:58 | Lib+Live

参加希望のみなさん

Lib+Live 2005 山中湖フォーラムへご参加希望のみなさん、よろしければコメントをお寄せ下さい。
Lib+Live 2005は、このBlogをお読みいただいたときから、始まっている....のかもしれませんよ。
それと、まだ参加をご検討のみなさんも、この機会に「どんなイベントなの?」などのご質問もお寄せ下さい。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-02-01 22:02 | Lib+Live

【イベント】未来を拓く図書館のための1泊2日 Lib+Live 2005 山中湖フォーラム

参加者募集中!!

a0029259_15552424.jpg

昨年3月に、ジャーナリストの菅谷明子 氏をお招きして開催した「未来をつくる地域図書館 デジタルアーカイブ×メディアリテラシー」を開催。

そして今年3月5日(土)・6日(日)の1泊2日
ここ山中湖情報創造館にて、「未来を拓く図書館のための1泊2日 Lib+Live 2005 山中湖フォーラム」を開催いたします。(読み: リブ・ライブ にー まる まる ごー)
図書館を取り巻く様々な課題に対して、志(こころざし)ある現役図書館職員や館長、行政の担当部局、さらに地域の情報拠点としての図書館の可能性を感じる有志のみなさんにお集まりいただき、膝をまじえての研修の場を企画いたしました。

初日の基調鼎談には、慶応義塾大学文学部教授の糸賀雅児 氏、北九州市立図書館(分館)を指定管理者として受託予定の 株式会社図書館流通センター(TRC)、そして日本で初めての図書館指定管理者 小林是綱(山中湖情報創造館 館長)の三者による、「図書館の新しいカタチ」について、熱く語っていただきます。

また、参加者のみなさんには、4つの分科会にご参加いただき、それぞれの現状・課題などを語り合い、解決すべき問題は何かを明らかにしていきたいと考えています。
分科会は、以下の4つ
1.マネジメント分科会: 新しい図書館経営について
2.スキルアップ分科会:これから求められる図書館職員像と、スキルアップについて
3.サービス&プログラム分科会:未来を拓く図書館におけるサービスのあり方、とりくむべき図書館プログラムについて
4.地域情報拠点分科会:地域資料の収集・提供から、情報発信拠点としての図書館像について
等、熱い1泊2日になりそうです。

また、2日目には、関東IT推進NPO連絡協議会 第3回研修セミナーと合流し、地域情報情報拠点づくりに取り組む実践者の方の講演、事例発表に参加いたします。
研修セミナー終了後の、情報交流会は、熱〜い出会いの場になりそうです。

『未来を拓く図書館のための1泊2日 Lib+Live 2005 山中湖フォーラム』は、志(こころざし)を持った皆さんのご参加をお待ちしております。

詳しくは、ここ:Lib+Live 2005 をクリックしてください。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-01-27 16:08 | Lib+Live

【イベント】関東IT推進NPO連絡協議会 第3回研修セミナー

a0029259_15534534.jpg

関東IT推進NPO連絡協議会 第3回研修セミナーを、ここ山中湖情報創造館にて、3月6日に開催いたします。ゲストに、函館を拠点に情報デザインの手法を取り入れた地域情報拠点づくりを手がけていらっしゃる、渡辺保史 氏をお招きします。また、事例発表には、関東IT推進NPO連絡協議会の理事長であり、山梨大学名誉教授の伊藤洋 氏、さらにNPO法人 教育改革ネット副代表理事の水谷昌弘 氏にご登壇いただきます。
そして、そして、これに参加する関東IT推進NPO連絡協議会のメンバーも、それぞれの地域での情報化に取り組んでいる方々が、多数参加いたします。

都道府県・市町村の情報政策担当者から、市民活動にITを利活用するすべてのみなさんが、3月6日(日)に、ここ山中湖に集結いたします。
セミナーだけでなく、交流会も予定。ここらで濃い目のネットワークづくりをしてみませんか?

詳しくは、ここ: 関東IT推進NPO連絡協議会 第3回研修セミナー をクリック
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-01-27 15:53 | Lib+Live