山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

フォロー中のブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2004年 08月 27日 ( 3 )

Blogリテラシー

今日の視察の訪れた大学生のみなさんは、視察に来られる前に、山中湖情報創造館のウェブサイトをチェックしていただいたうえに、さらにこのBlogまで読んでいただいていた。まことにありがたい事、感謝いたします。※今度コメント、TBくださいね!
 さて、ついに....Blogリテラシーを身につけることを目的としたBlogがありました。葛野図書倶楽部2001-Blog。これはすごい! BBSでも、Chatでもない、ましてやHTMLでのウェブページ製作でもない。『Blogリテラシー』というところが、凄いと思いました。こういうスキルを[あたりまえのこと]のように身につけた司書のみなさんたちが、現場に赴けば...おのずと図書館からの情報発信ができる、かな。まずは、職場の上司を説得する技術が必要になるようにも思うのだが....

[PR]
by lib-yamanakako | 2004-08-27 16:56 | 図書館から

雑誌の製本

日々記さんより、雑誌の製本について、詳しくご説明いただきました。ありがとうございます。
公共図書館の雑誌といえば、「週刊文春」やら「アエラ」やら、そんな雑誌なので、それらをどうやって製本するんだろう。そもそも製本する理由があるのだろうか? と思ってしまったわけです。大学図書館の学術雑誌のことだったのですね、なっとく。
そこで、ふとおもったのですが、学会誌や機関誌の中に、10ページにも満たないものもありますが、それらも製本するのでしょうか。そういうものの製本なら公共図書館でも多いに導入したいですね。歴史のある類縁施設(自然系のネイチャーセンターなど)は、いろんな学会誌や機関誌、会報が山のようにあるのですが、ばらばら..という感じがあります。これらが製本できるものだとはつゆ知らず...でした。感謝、感謝。

山中湖情報創造館 雑誌一覧

[PR]
by lib-yamanakako | 2004-08-27 13:01 | 図書館から

電子ブックと大活字本

 山中湖情報創造館では、まだ電子ブックや電子ブックリーダを導入していないのだが、機会があれば(予算の目処がたてば)、電子ブックリーダーは導入していきたいと考えている。その理由のひとつは『大活字本』、いわゆる活字の大きな本です。予算規模の大きな図書館では、視力が弱くなった方向けに、大活字本を購入しているようですが、当館では予算的にもスペース的にも難しい。そこで、電子ブックの登場です。表示する文字の大きさを変えられることが大きなポイントです。それだけでも導入する価値あり!と考えています。
 また、『青空文庫』の導入も検討しています。専用リーダソフト AZUR(アジュール)で、縦書き、ルビつき、文字サイズも変更可能で、しかも一気に絶版本も含めて4000冊も可読本を増やす事ができる(蔵書とは言えないですが)。
 それにしても...SONY のリブリエ、デザインも電子インクもよいのですが、TimeBookでは図書館に導入できないなぁ。図書館販売用があるのだろうか? それにBBeB規格のコンテンツ(本)を図書館でつくることも難しそうだし...
ひとまず。

[PR]
by lib-yamanakako | 2004-08-27 12:47 | 図書館から