山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

フォロー中のブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

指定管理者制度...活用法

とある保育園の指定管理者に、保護者がつくったNPO法人が指定を受けた。
その報道を耳にして...指定管理者制度も、こんな風に活用すると、新しい市民ガバナンスができるのでは〜...なんて考えてみました。
a0029259_2133100.jpg

[行政]から指定管理者として選定を受けた、[保護者NPO法人]
そのNPO法人は[理事会]によって、子供たちによりよい保育サービスを実現してくれる[スタッフ]をスカウトし、[総会]の承認を経て年俸いくらいくらで雇用します。
具体的には
1) スタッフコーディネータとしての役割も担う園長先生
2)園長先生の想いを実現してくれる保育士さん
その実働チームが保育園を運営し、利用者である[子どもたち&保護者]の評価報告をNPOの理事会が受け、現場の実働チームに対するガバナンスを実施する。

...と、まぁこんな具合。
でもね、これは決して新しいガバナンスではないんです。

例えば、アメリカの西部開拓時代...
タウンを作ってきた街の有志らが集まって、この街の治安を守るために、協議を始めます。口も出すが、お金も出す...そして、どこそこの保安官が優秀と聞き、その人を年俸いくらでスカウトします。そのプロである保安官をもって、街の治安を維持します...で、この「街の有志ら」が実は「公安委員会」の始まりなのです。
同様に、街の有志らが、今度は“子供たちの教育”を考え、お金も出すが口もだし、どこぞの先生が優秀と聞き、年俸いくらでスカウトしてきます。こちらの「街の有志ら」が「教育委員会」の始まりなのです。

ということを考えていくと、
指定管理者制度というのは、新しい住民自治のスタイルに繋がる第一歩なのではないか..とまで、思えてしまいます。もちろん、運用如何で、よくも出来れば悪くもする...将来のこの国の自治に対して、(日本においては)新しい方法論が導入されたように感じます。いわば、地上波アナログ放送(行政による公共サービス)をしながら、地上波デジタル(住民自治による公共サービス)が始まり...いずれ、それぞれの比率を変え、行政による公共サービスは、「本当に行政でなければできない公共サービスだけ」に集約されていくのではないでしょうか。
「民にできるものは民に」は、裏を返せば「本当に行政でなければできないことは何か」を考えることであり、それ以外の公共サービスの担い手は、指定管理者制度も含めて、民間/住民に開放していくことではないでしょうか。
...もちろん、始まったばかりですので、いろいろと試行錯誤や苦労や失敗もあるとは...思いますが。
[PR]
by lib-yamanakako | 2006-02-12 19:40 | 私見