山中湖情報創造館 指定管理者による日々の記録です。


by lib-yamanakako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク


山中湖情報創造館
ポッドキャスト

山中湖情報創造館
The YAMANAKAKO Library for The People's Creativity.
開館時間: 09:30-19:00

休館日
元 旦 : 1/ 1 (金)
月末休館日:1/29 (金)

山中湖情報創造館 公式
〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
Tel. 0555-20-2727
Fax. 0555-62-4000

図書館へ行こう!リンク集
by 110kA

図書館系Web日記・Blog
by egamiblink


ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたい

検索

カテゴリ

全体
お知らせ
図書館から
Lib+Live
私のオススメ
山中湖だより
デジ研
Discover図書館法
図書館ビジネス
報道
私見
イベント
電網快々
特集
デジタルアーカイブ
スタッフから
指定管理者
これからの図書館像
from Director
講座
Jr.Lib
新着図書
未分類

以前の記事

2011年 07月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

最新のトラックバック

[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
[新着・新発見リソース]..
from ACADEMIC RESOU..
蔵書点検の結果報告
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
アースデイ フジヴィレッ..
from 丸山高弘の日々是電網 Th..
平成20年度 公共工事設..
from 流行りもの

フォロー中のブログ

丸山高弘の日々是電網 ...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

デジタルライブラリアンとデータベースシステム構築

(独り言です)
前の投稿にいただいたコメントが、僕にとってかなり深いところに触れていたので、別途投稿してみたいと思います。

デジタルライブラリアンとして、ファイルメーカーやMS-Accessなどを使って、業務システムやらパスファインダー用のデータベースやら、さらには地域情報データベースやらを作った場合に、実は大きな問題をはらんでいることも事実でして、どのように解決したらよいのか、それぞれの図書館において難しい対応をしなければならないと...思います。

1.特定の職員が作ってしまうことによる問題
 特定の人が作ってしまうことで、その人にしかシステムの保守(変更や改変)ができない。システムの修正要望が、その人に集中する。大方は仕様書や設計書を作っている訳ではないので、その人が異動したり退職したりした場合、引き継げない。この場合、引き継ぎをする場合には、それなりのスキルがなければならず、全くのゼロから教えることはほぼ不可能。

2.多くは業務時間外に仕事をするという問題
 多くの場合、こうした自主開発では、時間外労働としてシステム開発にあたること少なくありません。その分、残業手当がつくかといえば...おそらくはつかないでしょう。最初のころのモチベーションはしだいにさがり...「時間も使い、対価ももらわず...作れば作ったで、あれこれ要求される...」なんてことになることも、多々あるように聞いています。

3.いずれは業者に外注するという問題
 さらに最悪なのが、せっかく自分たちで作ったシステムに対し、予算がつけば業者に発注して、アイデアだけ持っていかれる。出来上がったシステムは、次にはその業者にしかメンテナンスができなくなる。さらに、業者には開発費があてられるのに、自主開発にはそんな手当もつかない。

4.指定管理者ともなれば協定期間後におけるシステムの取り扱いについて
 うちの場合は、指定管理者ということもありまして、今回作っているシステムも、協定期間内の業務システムとして作っています(数えたら1095日間で、すでに522日経過している...もうじき折り返し点だ)。
 指定管理者が変われば、また新しく開発するのかもしれませんが、もし本当に出来がよくければ、次の指定管理者さんに購入してもらうことも可能かなぁ..なんて考えていたりします。

ということで....従来の行政システム内では、自主開発は控えた方がよさそうな気もしますね。その分、指定管理者ともなると、このシステムを元に、他の図書館指定管理者さんに販売することだって、あながち不可能ではありません。やはりこんなところにも、行政システムの限界があるように思います。

※それにしても...
 タダで作ったものは、しょせんタダという価値しかつかないのも事実なんです。
[PR]
by lib-yamanakako | 2005-09-05 12:59 | 私見